2015.08.19更新

こんにちは!

です(*'U`*)

 

立秋が過ぎ暦の上ではもう秋ですが、まだまだ夏本番の暑さが続きますね。

熱中症などには十分にご注意ください!

ところで…

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、季節の変わり目はどうしても

体調を崩しやすい時期です。tears

更に真夏の疲れも出てきて本当の意味で夏バテしてしまいます。

 

そんな時には!

はり、きゅう治療が効果的ですgya

疲れ切ってしまった体に対し・・・

本来持っている調節機能を向上させ、免疫力や回復力をアップup arrowさせて体調を整えます。

 

 

..:*..:*はり、きゅうの話..:*..:*..:

 

はり・きゅう・漢方薬などさまざまな治療法がありますが、

どのような治療をするのか分からず、やってみたいけどためらってしまう…

そのような方が多いのではないでしょうか??(。・ω・。)ノ

そこで!

今回は東洋医学について簡単にご案内したいと思いますnote2

 

東洋医学では人体を自然の中の一部に例えられます。

例えば…

日照りが続けば大地は渇き、植物は枯れ果ててしまいますよね?

逆にが続けば地盤が緩み、植物は根ぐされしてしまいます。

晴れの日雨の日もバランスよくあれば植物は程よく育ちます。leaf

人の体もバランスが保たれれば健康でいられるのです(b゚v`*)

 

はり、きゅう治療では経穴(つぼ)に対し刺激をして

(生命の維持に必要なエネルギー)

(体の滋養分や燃料になる物質)

津液(体に潤いを与える物質)のバランスを整えます。

難しい言葉が出てきましたね~この辺りが東洋医学がなじみにくいところでしょうかehe

 

調子が悪いのに病院の検査では異常なし…

どうも疲れが取れない…などの症状がある方。

もしかしたら体のバランスが崩れているのかもしれません。

その様な方にはり、きゅう治療はおすすめです。

はりは髪の毛ほどの太さ。

きゅうは米粒ほどの大きさで、個人の症状に合わせて太さ、大きさを変えて施術します。

痛さ、熱さは全くないとは言いませんがほとんどの患者さんが『気持ちいいnicoって言ってくださいます。

怖いって印象だけで避けていた方は是非一度お試しあれ★

考え方が変わりますよ~gya

 

特にきゅうはこの暑い時期にもかかわらず

リピーターが続出するほどの心地よさniconote2

 

 

 

 興味のある方は、下記までご相談くださいね(b゚v`*)

また施術希望の方は事前に御予約くださるとお待ちいただく時間が少なくなります。

 

 

はり・きゅう治療担当

鍼灸師 武内先生

武内先生

はり・きゅうを担当しております、武内です。

治療前には丁寧に問診をとり、患者さんに不安がなく

治療を受けていただくことを心掛けています。

わからないことや不安なことなどありましたら遠慮なく聞いてくださいね!

 

 

伊勢原診療時間

初診の方は終了30分前までに御来院ください。

鍼灸治療等の自費治療は終了一時間前まで受付ております。

予約や鍼灸治療に関してのお問い合わせもお気軽にどうぞ★

 

 

 

投稿者: ビオス整骨院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ