2018.04.06更新

こんにちは、長者町院です!!
4月に入り暖かい日も増えてきました。新入生、新入社員となった人も多くいると思いますが無理せずに仕事もプライベートも充実した日々を送って欲しいものです。そして花粉も5月ぐらいまで我慢すれば楽になるのでもう一息何とか乗り切りましょう。

 

今回は体の内部を冷やす食べ物、温める食べ物と飲み物です。体を冷やすと免疫力の低下新陳代謝も低下目覚めが悪い、疲れがとれないなどが起こりやすくなります。なので食べ物で少しでも体を温める事も大事で逆に体内に熱がこもりやすければ下げる為に食べたりしないといけないです。
意外な物が体を冷やし、温めたりしてくれています。

 

体を温める食べ物飲み物
かぼちゃ、生姜、にんじん、ねぎ、ごぼう、れんこん、にら、山芋、りんご、ぶどう、さくらんぼ、オレンジ、桃、プルーン、紅茶、ウーロン茶、塩、味噌、しょうゆ、鮭、まぐろ、さば、さんま、牛肉、鶏肉。

 

冷やす食べ物飲み物
レタス、キャベツ、白菜、ほうれん草、きゅうり、トマト、なす、セロリ、もやし、バナナ、すいか、パイナップル、マンゴー、みかん、柿、レモン、メロン、梨、緑茶、コーヒー、酢、マヨネーズ、ドレッシング、うなぎ、あさり、しじみ、豚肉。

 

今あげた他にたくさんありますが南国系の果物は体を冷やす形になるとは暖かいイメージだから温める食べ物だと思ってしまいます。
食べ物に関しては偏りがちになりやすいのバランスよく食べるのが一番です。

 

慣れない生活で疲労が蓄積して寝れない、体がガチガチになり過ぎて辛いなどがありましたらビオスに来て体を整えていきましょう。

投稿者: ビオス整骨院

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ